シンクのぬめりを取る方法&予防方法※菌を増やさないために今できること

料理やお掃除などでシンクは毎日使いますが、ちょっと掃除を怠るとすぐにぬめりが発生してしまいますよね。
あの嫌なぬめりの原因は一体何でしょうか?
ここではシンクのぬめりの原因や、改善方法などを詳しく紹介していきたいと思います♪

シンクのぬめりの原因は?菌を増やさないことがポイント

シンクは食べるものも扱う場所なので、できるだけ清潔な状態を保ちたいですよね。
しかし、シンクを掃除する時に意外な不快感を感じる人も多いはず。
それは、ぬめり!

特にシンクの隅や排水口付近はぬめりが発生しやすく、私の場合最近は素手で触るのは気が引けるほどです(笑)
調べてみた結果、シンクのぬめりの正体はカビや雑菌!

ぬめりを放置してしまうと、雑菌からカビの発生に繋がってしまうのです…
なぜシンクは雑菌やカビが発生しやすいのかというと、食品の残りカス(生ゴミ)に水分が加わるため。

マメに生ゴミの処理をしないと、いつの間にかシンクは雑菌だらけになってしまうのです。
シンクの中に雑菌やカビが発生すると考えると、今後は放ってはおけないですよね?
では、どうすれば手っ取り早くぬめりを取ることができるのでしょうか?

シンクのぬめりを取る方法

ここからはシンクのぬめりを取る方法を紹介していきます。
シンクのぬめりを取るために使うものは、どこの家庭にもあるものばかり♪
家にあるものを使って早速シンクの掃除を始めましょう。

【歯ブラシやスポンジ】でシンクのぬめりを取る

まずは、一番使われている可能性が高い歯ブラシやスポンジでぬめりを取る方法からです。
歯ブラシというのは新品でもいいのですが、新品はもったいないと感じる人は歯磨きで使った後のものでOK!

スポンジは普段食器を洗う時に使うものとは別に、シンクの掃除用を用意してください。
食器洗い用と一緒にすると、シンクの雑菌やカビが食器に付いてしまうので絶対にやめてくださいね!

掃除の仕方は、歯ブラシやスポンジに洗剤などを付けて擦り洗いするだけです。
特にぬめりが発生しやすいシンクの隅や排水口付近は念入りに擦りましょう。
洗い終わったら、洗剤のすすぎ残しがないようにしっかりと流してください。

【重曹×お酢(クエン酸)】でシンクのぬめりを取る

シンクのぬめりは、重曹とお酢又はクエン酸を使うとスッキリ落とすことができます。
用意するものは重曹とお酢か粉状のクエン酸のみ。

やり方は、重曹2に対しお酢又はクエン酸を1入れて排水溝やぬめりがある場所に振りかけるだけです。

振りかけたら約30分程度放置してください。
放置後は古い歯ブラシやスポンジなどで擦るとよりキレイになりますよ♪

【塩素系漂白剤】でシンクのぬめりを取る

「重曹では効果があるか心配!」という人には、塩素系漂白剤を使用するのがおすすめです。
漂白剤の強い臭いが苦手という人は、酸素系の漂白剤でもOK.

塩素系漂白剤は液体タイプもありますが、泡タイプでスプレー式のものが使いやすいですよ☆
掃除の仕方は、まず排水口の中の生ゴミを取り除き泡タイプの漂白剤を吹き付けます。
シンクの隅などのぬめりにも同じように吹き付けてください。

その後5~10分程度放置して、洗い流せば完了です☆
もし汚れが残ってしまった場合は、歯ブラシやスポンジなどで擦り洗いしてください。

漂白剤は確かにぬめりを取る効果が高いのですが、素手で触ると手荒れの原因に!
また、他の洗剤と混ぜるのも危険なので、くれぐれも使う時は扱いに注意してくださいね。

【オゾン水】でシンクのぬめりを取る

オゾン水には殺菌・除菌・脱臭効果が期待できるため、シンクのぬめりを取るには最適です♪
用意するものはオソン水と歯ブラシ・スポンジ・たわしなど。

まずは排水口の生ゴミを取り除き、排水口の中とシンクのぬめりが気になる部分にオゾン水を流して少し放置します。

これだけでもオゾン水が雑菌やカビに作用してくれるのですが、落としきれない汚れはスポンジなどで擦ってください。
そして、しっかりと汚れを擦り取ったら再びオゾン水でシンク全体を流します。

掃除前と掃除後にオゾン水を流すことで除菌・脱臭効果がアップさせることがでえきるうえ、水道管の洗浄も同時にすることができます!

オゾン水は「オゾン生成器」(ちょっと高いですが)を通販などで購入すれば、いつでも自宅で作ることができますよ♪

シンクのぬめり防止&予防方法

シンクのぬめりはどこの家にもあるもので取ることができますが、欲を言えばできるだけぬめりを防止したいですよね。
では、シンクのぬめりを防止するにはどうすればいいのでしょうか?

【お湯】を使う

シンクはお料理の時も使用するので、どうしても食材に含まれる油がこびり付いてしまいます。
油は料理には欠かせないものですが、固まってしまうと非常に厄介!

固まった油を放置してしまうとぬめりの原因になってしまうため、固まる前に処理する必要があります。
この時に使えるのがお湯☆

シンクを使用後に熱めのお湯をかけておくだけで、油が固まる前に流すことができます。
これだけでぬめり防止効果が期待できますよ。

【アルミホイル】を使う

こちらもどこの家にもあるものですが、アルミホイルがぬめり防止に効果的です。
アルミホイルは水に浸すと化学反応を起こす性質があり、抗菌・殺菌に効果的な金属イオン発生させます。

アルミホイルを丸めてボール状にしたものを排水口に入れておくと、水を流すたびに金属イオンを発生させ雑菌の繁殖を防ぐことができます。
この方法ならお金もかからず、超簡単にぬめり予防ができそうですね!

【100均で買えるシンクのぬめり取り】を使う」

100均は便利なものがたくさん売っていますが、シンクのぬめりに効果的なものももちろんあります☆
具体的には…

ヌメ落ちくん

こちらは100均ショップ「セリア」が販売している商品です。
ヌメ落ちくんを排水口のカゴに吊るしておくだけで、キレイなぬめりのない状態をキープできるという超優れもの♪

実際に効果を実証した結果も報告されていますが、なんと1週間排水口掃除をさぼってもツヤツヤの状態をキープできていたようです。
ただ吊るしておくだけでこれだけの効果は凄いですね!

ぬめりとり(流し台用・排水口用)

100均で売られている流し台用・排水口用のぬめりとりは、店舗によって異なりますが非常にたくさんの種類があります。

排水口のぬめりには中のカゴに吊るしておくタイプのものが多く、中には非塩素系のものもあります♪
また、排水口とパイプを両方キレイにできる錠剤タイプや顆粒タイプのぬめり取りもあり、使用後に放置して水を流すだけなのでとても簡単。

100均にはここでは紹介しきれないくらいぬめり取りに効果的なものが売られているので、100均に行く機会があったらついでに確認してみてはいかがでしょうか?

【オゾン水】を使う

オゾン水はぬめりの原因である雑菌の発生を防ぐ効果が期待できます。
除菌効果があるオゾン水を毎日使用するだけでぬめりや臭いの抑制ができるため、「忙しくてなかなか掃除をしていられない」という人にはピッタリ!

よりぬめりを予防したいと思う場合は、毎日料理などの使用後にオゾン水をまんべんなく流しておきましょう。

オゾン生成器は高額ですが1台購入しておけばずっと使えるので、さまざまなことに使えてとても便利ですよ。